投資用で活躍した後に行動したマンション売却の成功事例の流れ

想定以上のお金を得られた

貸すより売却したほうがよいと思ったワケ不動産管理会社からアドバイス想定以上のお金を得られた

劣化が激しいフローリングを新品に張り替えをして、その後にクロスを4室全てに張り替えをした日数は、週末の休日しか作業を行えないので約4週間掛かりました。
これだけでかなり室内のイメージを変えることができ、新築物件のような見栄えにできました。
床材とクロスに限定をしたことには理由があり、せっかく中古物件を安く購入される方は、最初からリフォームをして住むことを考えることが多いからです。
床とクロスの場合は多くのケースで色や素材も統一される傾向にあり、新しい状態で敢えて交換を希望することが少ないと判断できました。
結果的に少しの上乗せでマンション売却を済ませることができましたが、そこには携わってくれた不動産管理会社の手腕があります。
任せた会社では自社店舗で販売する他に、インターネットのサイトでも広く宣伝を行っていました。
今回の私の物件の場合は人が誰も住んでいない状態でのマンション売却なので、内覧も時間を気にせずに行ってもらえたことも良かった条件です。
実際に平日でも休日でも沢山の方々が内覧に来ているという情報は逐一報告されていたので、非常に良い仕事をしてもらえました。
価格交渉は付きものとされているようですが、私の場合は当初不動産管理会社が提示した売値にリフォーム代を上乗せして決めた額面そのままで売ることができたこともメリットに感じてます。
誰も損をしないマンション売却を成功できた事例でもあり、購入者の方も安く購入でき、管理会社も仲介手数料を利益にすることができ、私も想定以上のお金を得られたので、十分過ぎるほど満足してます。

マンション売却 | 【完全版】マンション売却特有の失敗と対策14選「イエウール(家を売る)」